修学院 - 座禅

座禅止観(ざぜんしかん)

止観とは、驚き、怒り、恐れ、嫉妬、悲しみ、高揚などといった日常的な心から離れた状態(心を本来の定位置に止め置くこと)で、ものごとを深く観察する(仏の視点になる)ことです。
この止観を重ね、持続できるようになると、その感覚を日常の生活の中でも保ち活かすことができるようになってきます。

IMG_0760.jpg

当山では、個人・団体問わず、どなたでも『座禅』を行なっていただけます。
日々の喧騒を離れ、心のリセットをしてみては?

お問い合わせの際は、希望の日時・人数をお知らせ下さい。
0952(52)5285

IMG_0308.jpg

写 経(しゃきょう)

「経を受持し、読み、誦し、解説し、書写する」ことを『五種法師』(ごしゅほっし)といいます。お写経は、誰でも取り組むことができる身近な実践行で、最も功徳の大きな行いの一つです。
心を落ち着かせて一字一字に願いを込めながら、お写経に取り組んでみてはいかがですか?
机・椅子もございますので、正座の苦手な方でも安心して写経に取り組むことができます。

背振山の書写修行

背振山では、平安時代末期から末法思想もあり、法華経の如法経書写修行が盛んに行われていました。
この背振山の膨大な歴史を少し紐解き、往時の修行形態を知り、体験できたらと如法経書写も随時行なっております。

写経の奉納だけでも可

ご自宅で書かれた写経も奉納できます。
奉納料(お気持ち)を添えて奉納下さい。

写経の流れ

まず本堂でお参り。
般若心経を一巻お唱え(経本貸出有り)して、
写経セットをいただく。

聴雨堂(座敷)のお好きな場所に着席する。

「たとう紙」に包まれた写経セットを開き、
写経の準備をする。

無心になって書写する。
(筆ペン、筆、硯、墨汁は貸出有)

最後に願い事と氏名を書き入れて終了。

書写していただいた写経用紙と奉納料を
一緒に「たとう紙」に包んで三方に納め終了。

IMG_0017.jpg写経セット(500円)

座禅・写経の志納料

参加人数 座禅志納料 写経奉納料
(般若心経)
写経奉納料
(法華経)

1〜5名 2,000円 1,000円
3,000円
6名〜 1,000円 1,000円
3,000円

  ☆上記金額は1名あたり