坂本修学院 - 修正会

弁財天に大般若経転読を奉修

災い転じて福となす

正月に修める法会を『修正会(しゅしょうえ)』といいますが、当山では旧正月に近い2月の13日に毎年、門中寺院総出仕にて大般若経の六百巻転読(パラパラと経典を繰りながら読む)を「弁財天(背振権現)」に奉修して、参拝者の『家内安全』『厄難消滅』『五穀豊穣』を祈願いたします。
当山の修正会の始まりは古く、千年ほど昔、皇慶阿闍梨(こうげいあじゃり)という高僧が当山で修行中に、背振一山各坊の行司に断絶無く行なうよう命じられた『仁王(護国般若波羅蜜)経会』が始まりといわれております。
この仁王経会は『大般若(波羅蜜多)経会』となり、今日まで継承されてまいりました。
古来より、この大般若転読の風にあたれば「厄難を退け、福を被る(災い転じて福となす)」といわれており、毎年多くの参拝者が訪れる背振千古の伝統行事です。
当山は、宗派問わず、どなたでもご参拝いただけます。どうぞ、皆様、ご近所お誘い合わせの上、ご参拝ください。

IMG_0003.jpg

参拝のご案内

修正会チラシ.pdf

《内 容》
○ 苦厄を祓う大般若と牛王宝印加持
○ 招福豆まき
○ 星まつり※希望者
○ 肌着加持(肌着を持参下さい)※希望者
○ お斎(昼食)、ご用意いたしております

家内安全祈願の申込方法

受付所にて、住所/氏名をお知らせください。
次に、お志を受付に奉納戴き、1年間、家内を守護する修正会の御札『家守り札』をお受けください。(お志は、仏さまに対する気持ちですが、目安として三千円〜を奉納戴いております。)

星まつり(護摩祈祷にて)

星まつりもございます。詳しくは↓

特別祈願(護摩祈祷にて)

本尊「不動明王」御宝前にて厄除け・交通安全・受験合格・安産・病気平癒などの諸願成就をご祈願いたします。
毎日、ご祈願は受付ておりますが、この良き日にどうぞお受け下さい。

◎特別祈願冥加料 3,000円
【護摩木札(小)・御守授与】
◎特別祈願冥加料 5,000円
【護摩木札(大)・御守授与・祈願旗奉納】

添え護摩(そえごま)

護摩祈祷において、添え護摩をお受けいたします。
添え護摩とは、本尊不動明王に願いを届けるため、木の板に願いごと/住所/氏名/年齢を書き入れ、それを護摩の炎で煩悩とともに焼き尽くし諸願成就を願うことです。

添え護摩木1本 300円
DSCN0117.JPG

関連情報