坂本修学院 - 御経会

背振山の伝統行事で萬霊供養

中宮霊仙寺東福院で行なわれていた二座の廻り経を伝承する『如法懺法経会(にょほうせんぼうきょうえ)』を御経会(おきょうえ)といいます。
天台宗のお勤めは『朝題目・夕念仏』を行ないます。つまり、朝のお勤めは「法華経」を唱え、夕方には「念仏」を唱える、というのが基本です。
この「朝題目・夕念仏」に、行道(道場内を廻る)や散華(花を撒く)などの所作をつけて行なう法要が『御経会』です。この法要は、背振山で行われていた修行の遺風を残す背振千古の伝統行事です。
午前の座には、題目である法華経を唱え、日頃つくりし罪の滅罪を願い、午後の座には、阿弥陀仏の来迎を念じ、ご先祖・英霊・水子・新たに亡くなられた方の「萬霊供養」を行ないます。
当山は、宗派問わず、どなたでもご参拝いただけます。
どうぞ、皆様、ご近所お誘い合わせの上、ご参拝ください。

塔婆回向(とうばえこう)供養とは

法要の最後に、霊魂の戒名などを記した卒塔婆(五輪塔の形をした板)を読み上げ供養いたします。
その功徳が供養した霊魂や我々(施主)にひるがえり、現世安穏、後生善処(良い所に生まれ変わること)となることを祈願します。これを『塔婆回向供養』といいます。

DSCN0308.JPG

参拝のご案内

行事日程

4月11日〜15日

当日の塔婆回向供養受付:9時〜13時

   《法 要》   
    午前の座:11時〜12時
     お 斎:12時〜13時(精進弁当)
    午後の座:13時〜14時
     法 話:法要終了後〜 

塔婆回向供養の申込方法

受付所にて、お志(お気持)を奉納いただき、住所/氏名をお知らせください。
次に、供養したい方(ご先祖・英霊・新仏・水子)の戒名/俗名/命日などいずれかを別紙に書いて、受付者にお渡しください。

※お申込みは4月1日〜15日午前中まで
随時受け付けております。

特別塔婆回向(とくべつとうばえこう)供養

新仏や先祖など特別に供養される方は、特別塔婆回向供養をお申込み下さい。
回向師により卒塔婆(そとば)が読上げられ、特別に読経があります。

特別塔婆回向供養料 5,000円 より

結願日の塔婆お焚き上げ

結願日(15日)の法要終了後、塔婆をお焚き上げします。古い塔婆もお焚き上げいたします。どうぞ持参ください。

img022.jpg

お斎(おとき)

昼食には5日間、精進弁当をお出し致しております。ご近所お誘い合わせの上、ごゆっくりとご追善くださいませ。