坂本修学院 - 坂本地蔵尊

坂本地蔵尊

縁日に特別ご開帳

8月24日
午前8時〜午後5時まで

秘仏《坂本地蔵尊》を特別御開帳いたします。
8月の24日は、お地蔵さん最大のご縁日です。
娯楽の少なかった昭和中期までは、奉納相撲や幻燈(映画)・出店が並び、盛大に縁日が行なわれていました。
現在では、盛大な縁日は行っておりませんが「千灯籠(せんとうろう)」を灯して、ご参拝お待ちしております。

DSCN0520.JPG

身代わり地蔵伝説

肥前国を救った地蔵菩薩

永禄12年(1569)豊後の大友宗麟は、大軍を率いて背振山に押し寄せ、背振山一帯は戦乱の巷と化した。
大友軍が筑前側より、霊仙寺付近にさしかかったあたりに、箒(ほうき)を持った1人の小僧さんが現れた。その小僧さんに、宗麟が肥前への道筋を尋ねたところ箒の先で肥前の方を指した。この無礼な態度に激怒した宗麟は、小僧さんの顔を斬りつけた。小僧さんも負けずに箒で渡り合い、遂には大友軍を押し払った。
後日、修学院の住職が、お地蔵さんの顔を拝見すると刀傷を受けておられた。
この噂は瞬く間に広がり、『身代わり地蔵』のご加護を被ろうと筑前・肥前より参拝者は列をなしたという。
【真言】おん。かかか。びさまえい。そわか。
【ご利益】安産・子孫繁栄・学業成就・交通安全

お宮参り・七五三

お子様の無事に成長することを願って

DSCN0585.JPG

本堂右手の石仏は『子育地蔵』として広く親しまれています。
お初参り(お宮参り)・七五三などでお参りされる際は、子どもさんの写真を持参ください。
写真は本堂内の地蔵尊に奉納して成人までご祈願いたします。