坂本修学院


 【修学院(しゅがくいん)】は、慶長5年(1600)佐賀藩祖鍋島直茂公の助力によって背振山下宮の積翠寺(せきすいじ)に再興された背振山の司寺です。肥前国の最北東に位置するため「佐賀城鬼門除け・肥前国安穏祈願寺・三蜜祈願の道場」と定められていました。
 本尊は【不動明王】で、祈る者をことごとく救おうと中央に立っておられ、また、霊験あらたかな【地蔵尊】は、家運安穏・安産・子孫繁栄・学業成就・交通安全のご利益があるといわれております。

CIMG0049.JPG

国道385号から一歩境内に入ると、耳納連山(福岡)〜金峰山(熊本)〜雲仙岳(長崎)まで見渡せる眺望と春夏秋冬の季節を感じる別世界が拡がります。

本  尊

DSCN0364.JPG

不動明王 〜迷わぬ心を求めて〜

 不動明王は、他の如来や菩薩といった仏様のお姿とは異なり、青黒く憤怒の表情、さらに火焔を背負っておられます。青黒く憤怒の表情は「慈悲」、火焔は「智慧(ちえ)」を表しています。このお姿は、お釈迦さまが菩提樹の下で悟りを開くまで座禅をされ、さまざまな誘惑を退けた時のお姿ともいわれております。
左手に持つ三昧索といわれる縄で、迷いの心(煩悩)を縛り、右手に持つ智剣で、執着心より生まれる貪り(むさぼり)・怒り(いかり)・愚痴(ぐち)の三つの毒を断ち切り、偏見のない透明な心「智慧」をお授けになるのです。
 当山の御本尊は、立像で「すぐさま救いに行くぞ」という意思を表しており、古来より修行僧や信心の者の守護、祈願成就をしてきた力強くも慈悲深い仏様です。
  毎月28日のご縁日には『護摩』を焚き、息災などの祈願をしております。(参拝自由)

IMG_2038.jpg日の出
IMG_2060.jpg紅葉と薬師堂
IMG_2064.jpg日の入
IMG_1641.jpgツツジ
DSCN0327.jpg池のお不動さん
IMG_0268.jpg朝靄

Pickup

背振山の伝統行事『御経会(おきょうえ)』を
平成29年4月11日〜15日までの五日間厳修。
今あることに感謝し、功徳を積む五日間。
萬霊(先祖・水子・英霊・ペットなど)の供養を行います。

心静かな時間を過ごしてみませんか?
座禅、写経などお気軽にお問い合わせ下さい。

毎月28日、本尊を御開張して護摩を焚き、添え護摩に表すところの所願成就を祈願いたしております。この読経の声と勇壮な太鼓の音が山内に響き渡ります。
添え護摩木(300円)随時受付!


宗派不問。どなたでも申込・生前予約受付中