修学院

千三百年余の法灯を現代に

祈りの寺の朝朝靄に浮かぶ耳納連山護摩供勤行大山蓮華坐禅紫陽花智慧と癒しの湧水『智癒の水』茶樹薬師堂つつじ中庭利休梅鐘楼堂より見る風景紅葉六地蔵毘沙門堂より見える風景石楠花夕暮れ

【修学院(しゅがくいん)】の正式名称は『背振山積翠教寺修學院』です。※積翠教寺の「教」の字は天台宗に属することを表しています。
背振山は和銅2年(709)湛誉上人により開山され、上宮・中宮・下宮からなる山岳仏教の聖地で、修学院は下宮にあたります。

修学院の名称の由来

修学院の名称の由来は、 慶長5年(1600)に鍋島直茂公(佐賀藩祖)の助力により、下宮の積翠寺が再興された折、京都の曼殊院門跡(天皇家)より『修學院』の院号を賜りました。
これにより、積翠寺を修学院と称するようになり、背振一山の中心も中宮の霊仙寺より下宮の修学院へと移行していきます。
藩政時代には、肥前国の最北東に位置するため「佐賀城鬼門除け・肥前国安穏祈願寺・三蜜祈願の道場」と定められおり「代々祈願怠るべからず」との書状が今でも掲げられています。
本尊は【不動明王】がお祀りされ、祈る者をことごとく救おうと中央に立っておられます。
また、本尊の隣にお祀りするのは、霊験あらたかといわれる【地蔵尊】で、「子育て地蔵」とも称されています。子ども達を事故災厄よりお守りいただく為に、子育て地蔵の宝前には、たくさんの子ども達の写真が預けられています。

国道385号から一歩境内に入ると、耳納連山(福岡)〜阿蘇山(熊本)〜雲仙岳(長崎)まで見渡せる眺望と春夏秋冬の季節を感じる別世界が拡がります。

本  尊

BM7I0756.jpg

不動明王 〜迷わぬ心を求めて〜

不動明王は、他の如来や菩薩といった仏様のお姿とは異なり、青黒く憤怒の表情、さらに火焔を背負っておられます。青黒く憤怒の表情は「慈悲」、火焔は「智慧(ちえ)」を表しています。このお姿は、お釈迦さまが菩提樹の下で悟りを開くまで座禅をされ、さまざまな誘惑を退けた時のお姿ともいわれております。
左手に持つ三昧索といわれる縄で、迷いの心(煩悩)を縛り、右手に持つ智剣で、執着心より生まれる貪り(むさぼり)・怒り(いかり)・愚痴(ぐち)の三つの毒を断ち切り、偏見のない透明な心「智慧」をお授けになるのです。
当山の御本尊は立像で、これは「すぐさま救いに行くぞ」という意思を表しており、力強くも慈悲深い仏様です。
毎月28日のご縁日には『護摩』を焚き、息災などの祈願をしております。(参拝自由)

Pickup


平成30年8月24日(金)
朝6時〜夕方5時まで

『子育て地蔵』と呼ばれる坂本地蔵尊。
8月24日は、特別にご利益のある縁日。
秘仏《坂本地蔵尊》を特別ご開帳いたします。
「よい子に育ちますように」
「無事に大きくなりますように」
お子さま、お孫さまとお参り下さい。

心静かな時間を過ごしてみませんか?
座禅、写経などお気軽にお問い合わせ下さい。

毎月28日、秘仏の本尊不動明王を御開帳して護摩を焚き、添え護摩に表すところの所願成就を祈願いたしております。この読経の声と勇壮な太鼓の音が山内に響き渡ります。
添え護摩木(300円)随時受付!


申込・生前予約受付ております。